モテモテ?ラヴラヴ? どっちが幸せなの?

「モテモテになるための小悪魔術」

「男をおとすための恋愛法則」

「魔性術を磨く為の・・・

 ・・・このような“キャッチフレーズ”が

           私たちの生活に溢れている*

「電車の広告」「雑誌の表紙」「本屋にびっしり並ぶ恋愛本」・・・

私は こういう系のキャッチフレーズが・・・

      

         大嫌い。

        ・・・とまではいかないが

      「?」です・・・

..:*・゚♡゚・*:....:*・゚♡゚・*:.。♡..:*・゚♡゜*:....:*・゚♡゚・*:.

これらのキャッチフレーズは女性の“目を引く力”があり

仮に“そのノウハウ”を身に付けることが出来るのであれば

“こぞって身に付けたがる”でしょう*

そりゃあ・・・

そんな技は ないよりは あった方がイィ!

って ぶっちゃけ私も思う*

でも! 私が皆さんに気付いてもらいたいこと・・

それは あなたは本当に・・・

「モテモテになりたい」の?

「多くの男にちやほやされたい」の?

ということだけ*

もしYESなら もうこの先は読まないでください*

もしNOであれば これから本当の意味での“幸せ”を

掴むために 私と一緒に

“幸せの種”から“花”を咲かせてもらいたい*

多くの男性からちやほやされ

色々な人からモテ 告白され・・・

まるでアイドルにでもなったかのように 浮かれる・・・

それが本当に・・・ 幸せ?

もう一度考えてほしい*

YESなら もうこの先は読まないでください*

この先はNO!』の人だけの限定だからです*

..:*・゚♡゚・*:....:*・゚♡゚・*:.。♡..:*・゚♡゜*:....:*・゚♡゚・*:.

私はNO!!!!!』

このブログの1番TOP「*初めての方は こちらへ*」にも

書いたとおり・・・

私は “シンデレラ”ような幸せ*

しかもあの“魔法”がとけない幸せ*

これらを手に入れ

“本当の意味”での“幸せ”になりたいから*

..:*・゚♡゚・*:....:*・゚♡゚・*:.。♡..:*・゚♡゜*:....:*・゚♡゚・*:.

一方的に自分の想いを伝えるばかりで

こちらを読んで下さっている方には

本当に申し訳ありません*

しかし 女性にとって“必要なこと”があるのです*

『シンデレラのような幸せになる為』

また『その幸せが永遠と続くようにする為』方法を

      “魔法”と仮定して

          私は ここに書きます:,*:..o

どうか(乱雑な文章などもあるかと思いますが・・・)

末永くお付き合いいただけますよう

宜しくお願いいたします*

また 1人でも多くの方が“魔法”を身に付けることで

“永遠のシンデレラ”になれることを

心より願っております♪☆*:゚・:,*:..

..:*・゚♡゚・*:....:*・゚♡゚・*:.。♡..:*・゚♡゜*:....:*・゚♡゚・*:.

| | コメント (14) | トラックバック (0)

誰だって“♥シンデレラ♥”になりたいのに・・・

シンデレラは「魔法」により

“とろける夢のような幸せ”を手に入れた*

今までの生活が嘘だったかのように全てが変わった*

雑巾のようなボロ服は 綺麗なブルーのドレスになり・・・♥

何の変哲もないカボチャやネズミが 馬車と白馬になり・・・♥

孤独との戦いだった彼女は 素敵な王子様に手を引かれて・・・♥

しかし・・・

夜中の0時を迎えた瞬間 

“さっきまでの幸せ”が まるで嘘だったかのように

消えてしまった  全て・・・

物語上では その後

シンデレラは ガラスの靴という“赤い糸”のおかげで

王子様と再会し 幸せなゴールインをした*

.。.:*・゚♡゚・*:.。.♡.。.:*・゚♡゚・*:.。♡.。.:*・゚♡゜*:.。.♡.。.:*・゚♡゚・*:.。

「シンデレラコンプレックス」という言葉がある*

 ※意味・・・『自立できない女性が シンデレラのように

      理想の男性が現れて幸福にしてくれるのを待つ心理』

こういう言葉があるほど 

女性の「幸せにしてほしい&なりたい」思考や願いは

“全世界共通”“いつの時代も変わらない”ものとして

存在している*

“大好きな人”

“愛しく思う人”

“世界でたった一人の掛け替えのない人”

このように想え合える人と

♥純粋な愛情に包まれていることを実感しながら

 互いに心から愛し合い 大切に想い合える*

♥2人の間には 変わらない“愛おしさ”と“恋しさ”があり

 いつまでもその想いと関係は続いていく*

♥お互いがお互いの“全て”ではないが、お互いがいないと

 “全てがダメになってしまう”ような存在であること*

きっと誰もが こんな恋愛をしたいと思っている*

.。.:*・゚♡゚・*:.。.♡.。.:*・゚♡゚・*:.。♡.。.:*・゚♡゜*:.。.♡.。.:*・゚♡゚・*:.。

でも現実理想には 

残念なことに“GAP”というものが存在する。

    「“それ”は あくまでも“理想”でしょ」

   こんな言葉が今にも聞こえてきそう・・・。

じゃあ仮に それが本当に“理想”だとしたら?

何故その“理想”を現実のものにしている人と

“理想”でしょ」と諦めて実現できない人がいるの?

その違いは 

 実はすごく すごくシンプルなことだったりする*

.。.:*・゚♡゚・*:.。.♡.。.:*・゚♡゚・*:.。♡.。.:*・゚♡゜*:.。.♡.。.:*・゚♡゚・*:.。

恋愛の“理想”を叶えるためには

「ただ相手を好きでいること」だけではダメ

“そんなん”で上手くいくなら

この世界には付き合った瞬間

“永遠と別れることはない”カップルしかいないはず*

現実は そんなわけがない・・・*

.。.:*・゚♡゚・*:.。.♡.。.:*・゚♡゚・*:.。♡.。.:*・゚♡゜*:.。.♡.。.:*・゚♡゚・*:.。

じゃあ どうすればいいか?

それは・・・

    “知っている”だけで

 “誰でも使うことができる”魔法を使うこと*

要は

「知ってるか」or「知らないか」

「気付いているか」or「気付いていないか」

ただ“そんな小さな違い”だけで

シンデレラになれるかorなれないか

また

その魔法がとけるかorとけないか

これらの分かれ道となってしまう*

.。.:*・゚♡゚・*:.。.♡.。.:*・゚♡゚・*:.。♡.。.:*・゚♡゜*:.。.♡.。.:*・゚♡゚・*:.。

馬鹿にしないで 

魔法にだまされてみてください*

♥魔法のとけないシンデレラ♥になる為に*

 “知っている”だけで

   “誰でも幸せになれる”なら

 すごく簡単で

 すごく HAPPY じゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【表参道】ちょっと裏道の隠れcafe♥

このcafeは すっごい大好きで

もう既に 何人もの“私の大切な人たち”を

連れてってるcafe

♡大学時代のCHERRYSメンバー

♡バイト時代の友達

♡会社の同僚

♡彼氏(今の彼も・・・ 昔の彼も・・・?!)

などなど・・・。

まだまだ連れて行きたい“大切な人”

多すぎて・・・ 大変【笑】

まぁそれは ともかく、

この表参道からすぐ裏道にはいった

“632ベーカリーCAFE”は 

         是非1度は行ってみてください

   *:;;;;;:*♥*♥*http://www.piazza.co.jp/*♥*♥*:;;;;;:*

「え?!あれ?こんなとこに

     こんなCAFEあったんだぁ!

     よく原宿くるのに知らなかったぁ~!」

             ↓↓

連れて行った人たちはみんな 言ってたコメント【笑】

*♥♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*

♥オススメPOINT♥

♡隠れ家的な感じで 周りも静かで落ち着く雰囲気!

♡よく芸能人もくる!

 (こずえ鈴とか 乙葉chanとか来てた!)

♡店員さんも“何故か”カッコイイ&オシャレ!

♡ごはんも もちろん美味しい!

*♥♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*

原宿駅から歩いて・・・ 7分?くらいかな?

ラフォーレの近くなので、

「バーゲンついでの休憩」

「彼氏&彼女とのデート」

あ!

「結婚式2次会PARTY」などの貸切にも最適!

みなさんの

“大切な人”と是非行ってみてくださいね

≪※「おひとり様」でも 全く問題ありません【笑】!≫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“当たり前”からの 驚く発想

「誰にとっても“当たり前”なこと」

それは

誰もが何も感じない*

誰もが気にしない*

誰もが気付くことすらない*

誰もが見えていない*

こういう“あって” “無いよう”なもの*

そういうものて きっとこの世の中にたくさんある*

.。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・

でも

その誰もが“当たり前”だと感じているものも

ある人からすると

素晴らしいものだったり・・・

驚くような発見があったり・・・ する*

つまり

他の人と

    「見てる視点」

         「感じる感受性」

  「考える思考」

          これらが違うんだと思う*

.。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・

今回は そのひとつとして

この“空”のブログ* ↓↓

http://sky.ap.teacup.com/applet/crossroad/148/661370bb/trackback

いつも“当たり前”にそこにある空を毎日観察して 

そこから感じたこと・その日あった何気ないことを

日々書き留めている*

なんか こういう“発想”がすごいな って

心から関心させられてしまった*

【※余談ですが・・・】

逆をいえば

きっとこの“空”のブログをみても 「ふぅ~ん」と“だけ”思う人がいる*

そんな中で “感動”することができた私自身に・・・

   ちょっと感動しちゃったりした・・・(笑)

こういう“人”としての“大切なこと”って

忙しい日々の中で どうしても忘れられがち・・・*

でも 私は・・・

ずっとずっと忘れないでいたい*

そして 私の周りの大切な人たちにも・・・

ずっとずっとずっと 持ち続けていてほしいと思う*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネス系 ブログを始めたい人へ♥

私もまだまだ始めたばかりで、

ブログに関しては“初心者の若葉マーク”です。

でもそんなわたしの『?』に分かりやすく対応してくれる

ブログの先生です

http://app.blog.livedoor.jp/akibare01/tb.cgi/7826876

是非ちょっと 覗いてみてください!

特に“若葉マーク”の人(*^^*)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“恋愛”上手になるためには 時に 「ありのままの自分」でいてはいけない*

 

 “恋愛”上手になるためには

   時に 「ありのままの自分」でいてはいけない*

「ありのままの自分ではいけない」

・・・というのは 決して

「繕った自分でなくてはいけない」

「偽った自分でなくてはいけない」

・・・という意味ではない*

・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・

私が伝えたい事は・・・

男性と女性には “驚くような違い”が 本当にたくさんある*

こんな単純なことを知らないが故

いつも 男性は男性側女性は女性側

つまり お互いが“自分たち側の価値観”や“考え方”で

物事を判断している*

その状態で 相手に接したり伝えようとしても・・・

                   “ダメ” なのに・・・*

上手くいっていない2人

もしくは 上手くいかなくなってしまった2人は

いつの間にか

男は「男の理論」 女は「女の理論」

お互いに接しているのでは?

でも 絶対に忘れないでほしいことが ひとつ*

それは・・・ “どんなカップルの彼女も”

「自分達の関係を愛あるものにしたい」

「2人で幸せになりたい」

そぅ 願っているという “共通点”があるということを*

・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・

じゃあ どうしたらいいのか*

それは すごく簡単でシンプル*

彼&彼女 つまり異性である相手との違い

まず理解し 受け入れる*

そして 自分の気持ちが相手にきちんと伝わる努力をする*

だから 「ありのままの自分ではいけない」時もあるということ*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“魔法”を必要としてほしい理由と 私の夢

*この世の中には

 たった“2つのタイプ”の女性しかいない*

“知ってる人” と “知らない人”

“気付いた人” と “気付かない人” 

.。.:*・゚♥゚・*:.。.♡.。.:*・゚♥゚・*:.。♡.。.:*・゚♥゜*:.。.♡.。.:*・゚♥゚・*:.。

     「私 男運が悪いから」

 「男は“釣った魚に餌をやらない奴”ばっか!」

              「いつも長続きしない」

  「“また”浮気されてしまった」

 ・・・といった嘆きを口にする人は結局

「運」が悪いから~

「男(相手)が悪いから~

と 自分のせいではない 他のもののせい”にしている*

恋愛が上手くいっていないのは

他の何者でもなく 誰でもない“自分”に原因がある*

.。.:*・゚♥゚・*:.。.♡.。.:*・゚♥゚・*:.。♡.。.:*・゚♥゜*:.。.♡.。.:*・゚♥゚・*:.。

じゃあ、その恋愛がうまくいっていない女性は

生まれつき何かが悪いの・・・?

答えは「NO」

ただ、原因は単純に

「知らないだけ」

   「気付いていないだけ」

そんな些細な事だったりする。

「知らなくて損」している女性、せっかくの幸せをわざわざ自ら

ごみ箱に捨てている女性を

どれだけ見てきたか・・・・

「知る」

    「気付く」

ただこれだけで “今まで諦めていたこと”

“いつも壁にぶち当たっていたこと”

“変われなかった自分”

これらの“自分”から抜け出せることができるのに*

.。.:*・゚♥゚・*:.。.♡.。.:*・゚♥゚・*:.。♡.。.:*・゚♥゜*:.。.♡.。.:*・゚♥゚・*:.。

これらの問題は

今後の将来にも大きな問題として 紐付いてくる*

「離婚」という言葉が日本でも当たり前になってきた*

この問題を解決する為に

海外では「結婚前カウンセリング」というものをやっている。

それを『プリマリタルカウンセリング』とよぶ*

私は1つでも多くのカップルが

“幸せ”という永遠に魔法がとけない2人になってほしい。

そんな夢をもった 25歳になる1人の女性が今

『プリマリタルカウンセリング』を目指しています*

まずは 小さな一歩として

皆さんに伝え続けていこうと思い

ブログをはじめました*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼の「スポーツ中継観戦」を邪魔する彼女・・・

特に、彼と“同棲”している彼女であれば

絶対に(少なくても1度や2度は必ず!)見たことがあるはず。

“スポーツ中継観戦に夢中になっている彼”を。

7_6

この状態の彼にとって、彼女の声は届いていない。

例えば、

「ねぇ、今日の私の髪型どぉ?」

「今日、夜どっかでゴハン食べない?」

・・・などと質問しても、

「うぅ~ん。」とか

5

「そ~だね~。」とか、

4

“心ここにあらず”状態の返事。

もっと言えば、

「・・・・。」 つまり反応なし! なんてことも。

*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:**♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:**♥*:;;;;;:*♥*♥*

この時、彼女側はどう感じるでしょう?

そぅ。

“決して面白くはない”もしくは“イライラ”状態になる。

具体的には・・・

「いっつもスポーツばっかり見て!何なの?!」

「せっかくの2人の時間なのに・・・。最低。」

「私は家のことやっているのに、TVばっか見て!

 少しは手伝ってよ!」

   ・・・という心理状態になる。

まぁ、彼女の“短気レベル”によっても違うけど、

少なからず そんな彼を“快く受け入れる”状態ではないのは事実。

*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:**♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:**♥*:;;;;;:*♥*♥*

では、なぜ彼は「スポーツ観戦」に夢中になるのか?

2_2

・・・実は、

この彼の行動の“背景”には非常に重要なものがある。

“そのこと”を知らないがために、彼女は快く思えない。

“そのこと”を知ってさえいれば、彼女は

彼を快く受け入れることができるのに。

*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:**♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:**♥*:;;;;;:*♥*♥*

※♥追記♥【上記の解説】 ↓↓

「ストレス」状態「問題を抱えた」状態になった時、

女性は・・・

それを「人にしゃべる」「ひたすら口から吐き出す」ことにより

解消する。

人に話したところで、「解決策」を求めているのではなく、

ただ相手が聞いてくれるだけで、スッキリする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

じゃあ、男性は・・・?

実は・・・

女性とは“真逆”!!

「え?」 っと思った人の為に解説します*

男性は、「ストレス」状態や「問題を抱えた」状態になると、

決して、軽はずみにそれを口にはしない

じゃあ どうするか?

“自分の殻”に閉じこもり、自分で解決をしようとするのだ。

さらに・・・

“殻”に閉じこもりっぱなしでは息苦しくなる為、

一時的にその状態を忘れることにより、

解決をしようとする。

その“一時的にその状態を忘れる状態”が正に・・・

「スポーツ観戦」中なのです。

【※必ずしも「スポーツ観戦」には限らないので、

 友達とのマージャンや、パチンコ、フットサル・・・などなど

 きっと男性によって違う。

 身近な例で、しかもよく見られる傾向が「スポーツ観戦」という行動。】

つまり、彼のその「1人の大事&貴重な時間」

遮る&邪魔 をしちゃいけないんです。彼女は。

「ストレス」「イライラ」「不安」が溜まっていて、

それを誰かに伝えたくて、聞いてほしくて辛いと感じている女性に対して

「しゃべるな!黙って自分で考えて解決しろ!」

言っているようなもの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もし、彼に何か伝えたいこと&一緒に何かしたいことが

あるのならば・・・

Photo_2

彼の「1人の大事&貴重な時間」を快く受け入れ

彼が“殻”から出てくるのを待ってあげることが まず大切。

そんな彼女になれば、

あなたは 彼に本当に“愛される”彼女”なれるでしょう*

*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:**♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:**♥*:;;;;;:*♥*♥*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただ一緒にcafeを探してほしかっただけのに・・・

ある2つのカップルがいました。

このカップルは、それぞれ2人でデートで“森”にドライブに来ていました。

B

*ひとつは・・・ 

老夫婦のカップル。おじいちゃんとおばあちゃんの2人。

*もうひとつは・・・

若いカップル。彼氏と彼女の2人。

老夫婦カップルのおばあちゃんと、若いカップルの女性が、

それぞれ相手の男性に こう言いました。

『ねぇ?cafeで コーヒーを飲みたくない?』

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*

若いカップルの方の彼氏は、こう答えました。

『お前バカじゃないの?!こんな森の中にcafeがあるわけねーだろ!

 そもそもさっきの路上走ってるときに言えよ~!【怒】』

C

老夫婦のおじいちゃんはこう答えました

『うぅ~ん そうだねぇ~、確かにコーヒー飲みたいねぇ。

 ただ、こんな森の中にcafeなんてあるかなぁ?

 じゃあ、君と僕とで一緒に探してみようか♪』

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*

さぁ、もしあなたが“女性”だったら、

どちらの答えを返してくれる男性と付き合いたいですか?

今のあなたの彼は、同じシチュエーションだったら、どう答えると思いますか?

逆に、もしあなたが男性だったら・・・

この全く違う返事によって、女性がどのように傷付いたり、

幸せな気持ちなったりするのでしょう?

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*

つまり何が言ぃたいかと言うと・・・

*「男性」とは、『目標達成思考』なのです。

*「女性」とは、目標とかゴールよりもそこに到るまでの『プロセス&過程』が

何よりも大切なのです。

つまり・・・

若い男性は、「cafeでコーヒーが飲む」という目標が明らかに達成できないことを

彼女が求めたと思い、イライラを感じ、あのような返事をしたのです。

女性にとって、「cafeでコーヒーが飲めるかどうか」なんてことはどうでもいいのです。

D

ただ・・・

それを目標として、愛する恋人が“一緒”になって“プロセス”を踏んでくれる

ただこのことが必要なのです。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*

若いカップルは・・・

彼の言葉の後、きっと嫌な空気で車の中がいっぱいになったでしょう。

老夫婦は・・・

おじいちゃんの言葉の後、きっと2人で幸せな気持ちでcafeを探しながら、

ドライブを続けたのではないでしょうか。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*

男性と女性には、

お互いいが信じられないほど大きな考え方・感じ方の違いがあるのです。

それらを理解し、お互いに受け入れ、

その上で相手を愛していかない限りは2人は“幸せ”を保つことは出来ないのです。

*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼女の「ねぇねぇ?○○したくない?」は重要sign!!

よく女性は、彼に

「ねぇねぇ?○○したくない?」と聞く。

例えば・・・

「ねぇ?のど渇かない?」

Photo_3

「ねぇ?甘い物食べたくない?」

Pafe

「ねぇ?ちょっと休憩したくない?」

Photo_4

  ・・・など。

その“質問”に対して、彼はどう捉えているでしょう?

そう、もちろん「自分(彼自身)について聞かれている」

捉えている。

よって・・・ 

特にそれを求めていないときは、

「うぅ~ん。別に大丈夫。」と答える。

この瞬間に女性は不機嫌になってしまうことがある。

さぁ何故でしょう?

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○★*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。 *:;。・★*:;。・*:;。・

※♥追記♥【上記の解説】 ↓↓

それは・・・

女性は、彼自身のことを聞いているのではなく、

実は・・・

自分(彼女)自身が求めていることの訴えして

いるのです。

Photo_5

それがついつい遠まわしに相手に聞いてしまう形となって

彼女の口から出てくる*

本当は言いたいけど・・・

ストレートに“わがまま”がいえないタイプの人は

特にこのパターンで彼に対して不機嫌になってしまう。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○★*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。 *:;。・★*:;。・*:;。・

※♥解決策アドバイス♥ ↓↓

彼(男というもの)は、彼女のその“訴え”に

残念ながら気付かないもの。

それなのに変な“期待”をして、それを裏切られる度に

傷ついているのは やめよう。

ストレートに

「ねぇ?○○しない?」と、“おねだり”しちゃいましょう*

わけも分からず機嫌の悪くなる彼女なんかより、

可愛くおねだりや、少しのわがままを言うくらいの

彼女の方が確実に彼に愛されるもの♥

そう思いませんか?

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○★*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。 *:;。・★*:;。・*:;。・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«“自分だったら嬉しい褒められ方”だからって 彼(女)も一緒とは限らない。。。